マツダのCX-5ってこんなクルマです

 

CX-5 画像

CX-5の価格帯 246〜345万円
販売店 マツダ系全店
デビュー時期 2016年〜

 

 

CX-5の主要諸元
ボディサイズ 4,545×1,840×1,690
車両重量 1,600kg
ホイールベース 2,700mm
総排気量 2188cc
最高出力 175ps/4,500rpm
最大トルク 42.8kg-m/2,000回転
JCモード燃費 18.0km/L
タンク容量 56L

 

 

 

CX-5という車名の由来って何?


cはクロスオーバーの頭文字でXは未知数を表します。

 

数字の5はマツダ車の中での車格で数字が大きくなるほどランクが高くなる。

 

 

CX-5のプロフィール

 

マツダの新世代モデルの第2世代。

 

2200ccクリーンディーゼルターボと2500cc、2000ccガソリンというラインナップは変わらないがそれぞれリファインされ、アクセル追従性の向上などを図った。

 

ステアリングのリジッドマウンテン化やG−ベクタリングコントロールの採用でハンドリング性能を引き上げて、人馬一体感を大進化し、アクティブ・ドライビング・ディスプレイはフロントガラスに投影するタイプを採用する。

 

 

 

CX-5のベストグレード

 

XDプロアクティブ 300.2万円(FF・6AT)

 

今のマツダ車はプロアクティブと名乗るグレードがバランスを最優先したグレード。

 

XDよりも約23万円高いが先進安全装備はフル装備され、アクティブドライビングディスプレイや19インチアルミも装着する。

 

Lパッケージは約30万円のアップとなる。

 

 

 

 購入ガイド
先代ほどの勢いはなく、本体値引きもすでに拡大傾向になる。

 

ただし、商談の攻めどころは用品値引きや下取り査定額の上乗せ。

 

ハリアー、エクストレイル、フォレスター、アウトランダーとのライバル競合も行ない、好条件の獲得を目指したい。

主なCX-5の競合車 ハリアーエクストレイル

 

 


CX-5のグッドポイント

 

2200ccディーゼルのトルク感はクラス以上で内外装の高級感を考えると割安に感じられる。

 

 


CX-5のバッドポイント

 

力強さではディーゼルに負けてもレスポンスの良いガソリン車はお買い得なのに存在感が希薄である。